ストレスが原因で女性の薄毛が増加している!?

バリバリ働く女性が頑張りすぎてオス化してしまうと、体毛が濃くなったり、ヒゲが生えてきたりすることもあるみたいで、髪の毛が薄くなってしまうのも男性ホルモンの増加に関係しているようです。

一体、どうすれば薄毛を予防できるのか?

という記事がありました。

『ストレスで女性の薄毛が増加…頭皮シャンプーは効果なし?医師がズバリ』

女性も本来、男性ホルモンを持っていますが、女性ホルモンが強いうちは男性ホルモンの働きを抑えているので、抜け毛は少ない。しかし年を取って卵巣機能が低下してくると、女性ホルモンを分泌できなくなるので、男性ホルモンの働きが強くなってしまう、ということです。

加齢以外にも、血流が悪くなると卵巣機能が低下するので、血管を拡張したり収縮したりする自律神経を鍛える必要がありますが、自律神経はストレスに弱く、ストレス社会に生きる女性に血流障害が多くなっていて、薄毛で悩む女性が増えている、ということなのです。

では、日常生活で薄毛を予防するにはどうすればいいのか?

  1. 血流をよくすること。
    冷房に頼らず汗をかき、きちんと寝て、自律神経を鍛える。
  2. 男性ホルモンを増やす、アルコールの過剰摂取はしない。
  3. 血管を収縮するタバコは最悪。
  4. お風呂に長く入り、体を温め血流をよくする。
  5. 生姜とか、唐辛子とか、体を温めるようなものを食べる。
  6. 頭皮のダメージが少ない、漢方生薬、馬プラセンタなどを配合したアミノ酸系シャンプーを使う。

ということです。

参考にしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA